白米と玄米の栄養比較

今年に入ってから白米を玄米に変えてみました。きっかけは こちら(別ブログ記事) にも書いているのですが、少々ストレスを感じるような状態下にあり、肌の状態がすんごく悪くなった時期があったんです。もともとアレルギー(ホコリ・ダニ)持ちだったのですが、ストレスを感じたり疲れたりすると、すぐに肌に出やすい体質だったので、なんとかならんかなぁ。と常々思ってはいたのですが、『これは何かを変えるいいきっかけだ!』と思い、身近に『玄米食に変えて花粉症が治った!!』という知人の話を聞いていたのもあり、白米を玄米に変えてみたのですが、続けて4,5ヶ月、期待していたアレルギーに対する変化は、正直これと言って何も感じれてはいませんでした。

が!ふと『あれ?口内炎最近できてないなぁ。』ということに気づきました。実はそれまで1ヶ月に2,3回という結構な割合で口内炎になってたのですが、玄米に変えて以来、今のところ1,2回しかなってなんですよね。ということは、やはり変化はあるんだな。と。
という訳で、白米と玄米の栄養について色々調べて見ました。

白米と玄米の栄養比較

やはり全然違うんですね。
玄米と白米の栄養図

田中米穀店さんのHPより

 白米100g当玄米100g当玄米と白米の
栄養比率
エネルギー356Kcal350Kcal98.3%
たんぱく質6.1g6.8g111.5%
脂質0.9g2.7g300%
炭水化物77.1g73.8g95.7%
灰分0.4g1.2g300%
ナトリウム1mg1mg100%
カリウム88mg230mg261.4%
カルシウム5mg9mg180%
マグネシウム23mg110mg478.3%
リン94mg290mg308.5%
0.8mg2.1mg262.5%
亜鉛1.4mg1.8mg128.6%
0.22mg0.27mg122.7%
マンガン0.8mg2.05mg256.3%
ビタミンE0.2mg0.3mg150%
ビタミンB10.08mg0.41mg512.5%
ビタミンB20.02mg0.04mg200%
ナイアシン1.2mg6.3mg525%
ビタミンB60.12mg0.45mg375%
葉酸12μg27μg225%
パントテン酸0.66mg1.36mg206.1%
食物繊維(水溶性)0.7g 
食物繊維(不溶性)0.5g3.0g600%

科学技術庁資源調査会《五訂日本食品標準成分表》より

今までは白米が大好きだったので、なんの疑いもなく食べてたのですが、玄米から白米に変わる過程で、こんなにも栄養素が削ぎ落とされるんですね。。
玄米に変える前は、漠然と『玄米で体質改善できたらいいなぁ。』というくらいにしか考えてなかったのですが、これは確実に変わってきそうですよね。これだけ栄養が増える?のであれば、体に悪いはずはないですし、というよりむしろ、今までこんだけとれるはずだった栄養素、取らずにいたなんて、なんか勿体無いですね。

これからも玄米食べ続けて、何か変化があれば、どんどんその変化を書いていきたいと思います!



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

datsusute-Diary11

脱ステ・脱アトピー・脱アレルギー日記11:アレルギーテスト『VIEW39』を受けてきました!検査結果

脱ステロイド:約3ヶ月 アレルギーテスト『VIEW39』を受けてきました! そんな訳で、前回人間ドック・脳ドックを受けてきたことを書いたのですが(詳細はこちら『人間ドック・脳ドックへ』)、人間ドック・ …

datsusute-Diary22

脱ステ日記22:帯状疱疹になる。。2回目

脱ステロイド:約6ヶ月半 ちょっと肌の状態が日々変化し、色んな症状が次から次へとでてくるので、日記が追いつきません。。 今回は帯状疱疹について。以前『日記12:帯状疱疹になる。。』でも書きましたように …

datsusute-Diary09

脱ステ・脱アトピー・脱アレルギー日記9:プロテインからコラーゲンのサプリへ変更してみる

脱ステロイド:2〜2ヶ月半 プロテインからコラーゲンのサプリへ変更してみる ソイプロテインやめて、正直マシになってきたのかどうか分からないのですが、広がるのは止まった感じでした。が、もうこんな感じにひ …

datsusute-Diary17

脱ステ・脱アトピー・脱アレルギー日記17:ヒリヒリが止まらない。。

脱ステロイド:約5ヶ月 抗ヒスタミン薬を先週から再開し、前回ブログ『抗ヒスタミン薬『ザイザル』を1回に2錠飲んだらやばかった。。』を書いたのですが、ほんと薬は怖いですよね。量を間違えるととんでもないこ …

プロペト

ワセリンについて:黄色ワセリン、白色ワセリン、プロペト、サンホワイト 種類と違い

前回ブログ(日記18:脱『脱保湿』、脱『藤澤皮膚科』しました。)にて、脱『脱保湿』=『保湿』をすることにしたと書いたのですが、その時に処方された『プロペト』(ワセリン)について調べた事を、今回は書きた …